「自分で打ったそば おいしい」中学生が職業体験 

前橋東中学の2年生が4日から今日6日まで、前橋市内で職業体験をしています。

上州そば「将太」(同市天川原町)では5日、8人がそば打ちにチャレンジしました。同店の久保田晋一代表らの指導を受けながら、生徒たちは真剣な表情で粉をこね、麺棒で生地を伸ばした後、大きな専用包丁で細く切り、そばを完成させました。

慣れない作業に、やや太めの麺に仕上がりましたが、自分たちで打ったそばの味は格別。

dsc_2104.jpg

DSC_2098

DSC_2099

DSC_2109

DSC_2114

「太くてかたいそばだけど、おいしい」「切るのが難しかった。職人さんはすごいと思った」。生徒たちは感想を話していました。

毎年、職業体験を受け入れている久保田さんは「自分で作る難しさ、喜びを感じてほしい。食育につながれば」と期待していました。

東中では、2年生が希望の職業別に市内50カ所に分かれ、スーパーやパン販売店、市役所、福祉施設などで仕事に触れています。

大人の中で緊張するとは思いますが、普段の授業では決して味わえない貴重な体験。中学生のみなさん最終日、頑張ってください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中