県産豚肉の多彩な餃子 鉄鍋、チーズ、四川風…新前橋駅前にオープン「餃子大使」

新前橋駅東口に先月開業した「餃子大使」(前橋市新前橋町)。前回記事はオープン前だったため、料理の写真を掲載できなかったのですが、今回は写真とともに紹介します。

店舗は駅東口交差点のすぐ近く。以前「みやま食堂」があった場所です。食欲をそそる、餃子の写真が大きく写った看板が存在感を放っています。

全ての餃子メニューで、林牧場の銘柄豚肉「福豚」を使用。店主の野中秀紀さんは「県産豚肉と国産野菜を素材に、餃子は一つ一つ手で包んでいます」と、こだわりを語ります。

DSC_3281

看板メニューは、円形の鉄鍋に餃子が入った「名物鉄鍋餃子」(12個入り950円)。肉多め・背脂多めの「こってり」と、野菜多め・背脂少なめの「あっさり」があります。その両方を味わえる「盛り合わせ」(同)を注文してみました。こってりはニンニクも入りパンチのある味。あっさりは大葉がさわやかさを与えています。

DSC_3851
「名物鉄鍋餃子」(盛り合わせ)

餃子はバリエーション豊富。「最強コラボ」をうたう「チーズ餃子」(6個750円)は、チーズフォンデュの餃子版です。鉄鍋の中でトロトロに溶けたチーズを、餃子に絡ませて食べる新感覚の一品でした。

DSC_3878.JPG
「たっぷりチーズ餃子」

同店で1000円(12個)と最も値段の高い「大使風炊き餃子」は、客の目の前で店員さんが自家製チキンスープを、鉄鍋餃子の中に注いでくれます。ジュワとした音が上がり、目と耳でも楽しめる演出。餃子が濃厚なスープに浸ることで、パリパリとした餃子の皮がしんなりし、違った食感、味わいが楽しめます。

DSC_3883.JPG
「大使風炊き餃子」

マーラー水餃子は、四川山椒が効いた、ひき肉入りピリ辛ソースがかかった水餃子です。

DSC_3857.JPG
「マーラー水餃子」

餃子大使の店名には「餃子を伝える店になる」との意味を込めました。野中さんは「地元、新前橋の人たちに愛され、喜んでもらえる店になりたい」と抱負を話しています。

餃子大使 前橋市新前橋町17-23 ☎027-212-9813 営業時間17~24時 ホームページ

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中