酒菜は県産野菜のおでん 土田酒造の日本酒を楽しむ会 10月17日@高橋与商店

新前橋駅前の高橋与商店は10月17日、店舗横のガレージで、恒例の「新前橋でお酒を楽しむ会」を開きます。銘酒「誉国光」で知られる土田酒造(川場村)の土田祐士社長を招いて開催。同じく駅前で店を構える生パスタ製造・販売「コナリエ」の中村実紀さん(写真左)が腕を振るう県産野菜のおでんを酒菜に、同酒造の日本酒を味わう粋な企画です。17~20時。

経済性や品質の安定を理由に、添加する酒蔵が多い醸造アルコールの使用を止め、純米山廃仕込みに絞った土田酒造。高橋与商店の福田祐二社長(同右)は「古くからのファンがいる普通酒をやめることは、売り上げへの影響も懸念され、不退転の決意だったと思います。日本古来の製法でつくるお酒を味わってほしいです」と話していました。当日、土田社長は7時ごろ来店し、酒造りについて講演します。

用意するお酒は山廃ならではの強い旨みと酸味が楽しめる「土田 菩提酛(ぼだいもと)×山廃酛(やまはいもと)」(黒ラベル)と「土田 山廃純米吟醸」(白ラベル)など。菩提酛×山廃酛はフランスで開催された日本酒品評会「KURA MASTER」でプラチナ賞、全米日本酒品評会で銀賞、国内の全国燗酒コンテストで金賞を受賞しています。

 

おでんは県産のダイコンやこんにゃくといった食材を、塩麹や梅干などで味を整えたつゆで煮込みます。これにオリーブオイルをかけて食べるといいます。「これがよく合うんです」と中村さん。薬味には昭和村産の柚子こしょうを用意します。

オリーブオイルは、東地区で輸入食材を扱うパワジオ倶楽部・前橋(前橋市江田町)の商品を使用します。

当日予約の必要はありませんが、日本酒PR映像の撮影が入ります。映っても大丈夫な人のみ参加してほしいとのことです。お酒、料理は頼んだ分、その場で支払うキャッシュオン。

高橋与商店 前橋市新前橋町26-5 ☎027-251-6393 平日9時~20時半、祝日10時~18時 日曜定休・祝祭日は不定休

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中