ひきこもりの人が制作した手作り品販売 「はじめの一歩」 前橋市上新田町

コミュニティーカフェ「はじめの一歩」(前橋市上新田町)は、ひきこもりの人が制作した作品の販売を始めました。社会と接点を持ち、自立を後押しすることが狙い。

DSC_5367
展示・販売スペース

今年6月にオープンしたカフェは、ひきこもりの人や家族を支援するNPO法人「はじめの一歩」が運営。家から出て気軽に立ち寄れる場所をつくろうと、やきそばやコーヒーといった軽食のほか、ゴルフレッスンのサービスを提供しています。

ひきこもりの人を含め誰でも作品の販売ができる場として店を活用。現在、ひきこもりの20代女性がフェルトで作った小物や紙粘土の置物を紹介しています。

販売以外の作品展示も可能で、壁にはイラストが飾られています。

NPOの板垣弘美さんは「まだ数は少ないですが、これから販売や展示を増やしていきたいです」と話しています。

DSC_5379
店内の壁を利用して作品の展示も行われています。

焼きそば&コミュニティーカフェ「はじめの一歩」 前橋市上新田町915 営業時間 午前11時半~午後8時 ほぼ毎日営業 ☎090-9393-9381

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中