「笑うから楽しくなる」 ラフターヨガ講師 杉山佳代子さん 東公民館で教室

「最初はつくり笑いでいいんです。笑っているうちに楽しくなって本物の笑いになる」。こう語るのは、群馬ラフターヨガクラブ会員の杉山佳代子さん。前橋市の東公民館でラフターヨガ(笑いヨガ)の教室を開いています。メディアでも取り上げられる機会の多いラフターヨガ。言葉は聞いていても体験したことがない人は多いのではないでしょうか。30日の教室を取材しました。

スポーツ感覚

「アーハッハッハ」。公民館の一室に響く明るい声。10人の女性たちが上体を動かしたり、相撲の四股の動きを取り入れながら、大きな声で笑います。

少し意外だったのは女性たちの服装。普段着でするものと思っていたのですが、スポーツウエアを着用していました。エクササイズなんだと感じました。

「笑うとすっきりするんですよ」「高い声が出るようになりました」。みなスポーツした後のように晴れやかな表情をしています。

「普通は『楽しいから笑う』ですが、ラフターヨガは『笑うから楽しくなる』。最初は作り笑いオーケーです。いろいろな研究で脳はつくり笑いと本物の笑いを区別できないといわれています。笑いは認知症予防効果もあるんです」。

そう語る杉山さんは長年、フィットネスインストラクターをしてきました。自身も年齢を重ねる中、「年を取っても笑っていられる」ラフターヨガに魅力を感じ、指導者資格を取得。東公民館のほか病院でも教えています。

教室ではラフターヨガの技術的なことだけでなく、生き方についてのアドバイスも。例えば100歳になった自分を想像し、どう過ごしているか発表して理想の姿を思い描いてもらいます。

高齢化社会にぴったり

高齢化や核家族化の進展により一人暮らしのお年寄りが増えています。誰とも話さずに一日が終わってしまう人も多い。ラフターヨガにより、のどが鍛えられ、誤飲を防ぐ効果もあると言います。

「生きていれば嫌なことは必ずある。 嫌なことがあってイライラしたら、もったいない。寿命が縮むと思って、笑ってればいいんです。いつまでも、みんなと笑って過ごせればいいですね」

東公民館のラフターヨガ教室は毎月第3を除く毎週水曜日午後6時半から45分間(1回500円)。 問い合わせは東公民館(☎ 027-251-2598)へ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中