ビジネス 暮らし

ITで落し物通知 新前橋、高崎駅にもアンテナ設置へ JR東日本とMAMORIO

落し物をして困った経験は誰にでもあるはず。それがカードや免許証が入った財布、家や車の鍵のように大切なものだったら尚更あせります。「もしも落し物の場所が分かったら」。そんなニーズに応えたIT活用の紛失防止サービスが広がってきました。

4駅から51駅に拡大

JR東日本とITベンチャー「MAMORIO」(東京都千代田区、マモリオ)は2月18日、忘れ物をスマートフォンに自動通知するサービスの本格運用を始めます。紛失防止タグが付いた忘れ物が届くと通知するアンテナスポットを、現状の東京駅や千葉駅など4駅から、新前橋駅や高崎駅含めた51駅に拡大します。今月の上毛新聞が報じました。

紛失防止タグは縦35.5ミリ×横19ミリ、重さ2.4グラムなど。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンとタグをBluetoothで連動させ、財布や鍵などに付けておきます。タグがスマホから30~60㍍離れた段階で紛失と見なしてスマホに通知。落とした場所が特定できます。

ユーザーが増えれば増えるほど

タグにGPS機能は付いていないため、そのまま追跡はできませんが、落し物がアンテナ設置スポットに届けられると通知します。特徴的なのは「みんなで探す」機能。アプリ利用者が落し物の近くを通ると知らせてくれるため、ユーザーが増えれば増えれるほど、見つかりやすくなります。

MAMORIOは「なくすを、なくす」を目指す会社。現在ユーザーは都内に多いのですが、同社は「地方の駅にもアンテナの設置を増やしていく」としています。

タグの価格は税別3980円など。公式サイト(https://mamorio.jp/)や家電量販店などで購入可能。

-ビジネス, 暮らし

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5