カルチャー

統一地方選後半戦スタート 上毛新聞が候補者略の歴や公約をネット発信 

統一地方選の後半戦が14日、スタートしました。高崎市長選は無投票で現職の富岡賢治市長の3選が決まった一方、桐生市長選や太田、沼田など8市議選が選挙戦になりました。こうした中、上毛新聞社(前橋市古市町)は候補者の顔写真や略歴、公約、第一声をホームページに掲載する取り組みを始めました。

略歴では出身校や職業、役職をコンパクトに紹介。公約と第一声は市長選のみで、今回は新人同士の一騎打ちとなった桐生市長選の候補者分を掲載しました。

統一地方選前半の県議選投票率は、43.49%で過去最低を更新。これまでも新聞報道では候補者の略歴や公約は掲載されますが、ネットでの発信により、とりわけ若年層の目に触れる機会を増やすことが期待されます。

こうした動きは各地の地方紙に広がっており、下野新聞(栃木県)では、略歴や公約などのほか、候補者アンケートを掲載。十勝毎日新聞では、候補者の第一声の動画(会員向け)をアップしています。インターネットの普及により、選挙報道のあり方も変わってきています。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-カルチャー

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5