⑩あずまかるたを歩く 「誇る伝統 前箱田稲荷」 住宅街にたたずむ鎮守さま

投稿日:

前橋市前箱田町の住宅街にひっそりとたたずむ前箱田稲荷。緑に覆われた境内はこじんまりしていますが、厳かな空気が流れ、地域を見守る「鎮守さま」といった感じです。

あずまかるたの「ほ」の札「誇る伝統前箱田稲荷」

前箱田の住宅街南端に位置し、大通りから少し離れているため、すぐに見つからない人もいるかもしれません。 その分、見つけられるとうれしい。こんなところにも街歩きの楽しさがありますね。

前箱田稲荷の本殿

後家の八兵衛造る

南側に畑があるほかは、住宅に囲まれています。鳥居の先に赤い本堂が見えました。

本殿は1706(宝永3)年に後家(現在の後家町)の田村八兵衛によって建立されました。当時の姿のままというわけでありませんが、地元の人の手により大切に保存されています。小さな境内は樹木が茂り、木陰があり涼しくて気持ちがいい。本殿の裏手に回ると、数体の石像や石祠が置かれていました。

境内には木陰がたくさん。
本殿裏には安置されている石像やほこら。

田村八兵衛は江戸時代中期に活躍した腕のいい宮大工で、伊香保の水澤寺六角堂のほか、前橋市後家町の稲荷神社、小相木町の大徳寺総門、箱田町の観音堂など東地区にも、いろいろな建物を残しています。八兵衛が造った建物を巡ってみてはどうでしょうか。

前橋市の重要文化財に指定されている大徳寺の総門(小相木町)
後家町の稲荷神社
箱田町の観音堂

②あずまかるたを歩く 「伝え来し 古き山門大徳寺」(前橋市小相木町)

お地蔵さまと歩く 東箱田後家町の伝統行事「かつぎ地蔵祭り」7月28日

前箱田稲荷

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m14!1m8!1m3!1d12851.67296708753!2d139.0479002!3d36.3627592!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0xddb5e71107259d26!2z56iy6I2356We56S-!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1559535394470!5m2!1sja!2sjp&w=400&h=300]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です