暮らし

老朽化で利根分署を建て替え 来年度完成へ 前橋市小相木町

地域の安全を守る前橋市消防局の西消防署利根分署(同市小相木町)が建て替えられます。老朽化に伴う工事で、2020年度の完成を予定しています。

建設予定地は敷地内の既存庁舎北側。新たな施設は鉄骨2階建て、建築面積451平方㍍、延床面積は641平方㍍。 市は6月6日に入札を公示しており、工期は今年9月から来年5月までとしています。

利根分署は南部大橋西側、大通り沿いにあります。市によると、建て替え工事終了後に現施設を取り壊すため、工事中も防災機能は変わらず維持されます。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-暮らし

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5