群馬の米「舞風」の酒16銘柄味わう 関西名物「いか焼き」と 19日に新前橋でお酒を楽しむ会

日本酒に合う料理というと、刺身など定番の和食が思い浮かびますが、関西名物「いか焼き」と組み合わせたらー。恒例の「新前橋でお酒を楽しむ会」が6月19日(水)17~20時、新前橋駅東口の高橋与商店(前橋市新前橋町)で開かれます。群馬の酒造好適米「舞風」でつくられた県内の16銘柄をテイスティング。料理は地元のいか焼き剣々が担当し、群馬と大阪の味のマッチングを堪能します。

昨年6月にオープンしたいか焼き剣々
剣々の看板メニューいか焼き

各参加者はどの銘柄かわからない状態で飲み比べる「ブラインドテイスティング」をしてランキングづけ。集計した結果が後ほど店頭やブログで発表されます。

16銘柄のうち、群馬県清酒品評会「舞風」部門で優等賞を受賞した「群馬泉」の島岡酒造(太田市)、「赤城山」の近藤酒造(みどり市)、「桂川」の柳澤酒造(前橋市)の関係者が参加。この機会に酒造りについて聞いてみるなど交流してみてはどうでしょうか。

おつまみのいか焼きは、イカが入ったお好み焼きのような粉料理。一度に両面を焼く専用機で焼き上げます。剣々では店で使っている機械とは別に、イベント用にもう一台を購入。店外でも提供できるようにしました。19日はいか焼きのほか、日本酒に合う料理数種類を用意します。

料金は日本酒2000円(高橋与商店で使える買い物券500円付き)で、16銘柄のテイスティングができます。料理はチケット制6枚1綴り(1200円、バラでも購入可)。

高橋与商店 前橋市新前橋町26-5 ☎027-251-6393

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中