暮らし

東ふれあい公園がドクターヘリ着陸場所に 地域の救急医療向上へ

救急医療を支えるドクターヘリが着陸して救急車と合流する場所「ランデブーポイント」に、東ふれあい公園(前橋市箱田町、小相木町)が追加されました。

これにより東地区のランデブーポイントは東中、東小、箱田中、大利根小、大利根中央公園と合わせて6カ所になります。

これまでは大利根中央公園を除くと、いずれも学校の校庭が対象になっており、 着陸時の騒音や安全性の面からも、大きな広場がある東ふれあい公園が加わるメリットはありそうです。

前橋赤十字病院のホームページによると、ランデブーポイントは市内に約90カ所。

ドクターヘリは県の事業で、市消防局が同公園をランデブーポイントに申請し、県から認められました。

県内のドクターヘリは前橋赤十字病院を基地病院として、2009年2月から運航を開始しました。医師と看護師が搭乗し、いち早く治療を始められる利点があり、2017年度は956回出動しています。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-暮らし

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5