新名物つくるぞ ガラス瓶詰めタコライス「BINTACO」登場 1個500円 新前橋駅前のシンバル

ガラス瓶に野菜を入れて、見た目もきれいな「ジャーサラダ」。海外で流行し、数年前から、日本でも食べられるようになりました。新前橋駅東口の炭火肉・ホルモン酒場「シンバル」(前橋市新前橋町)がこのほど、ガラス瓶に入ったタコライス「BINTACO(ビンタコ)」の販売を始めました。レタスやトマトといった野菜だけでなく、ミートソースやチーズ、ライスが入り、1個500円という価格設定で、手軽に食べられます。

見た目も楽しいオリジナル新メニュー「ビンタコ」

かき混ぜる楽しさ

もともとジャムなどの容器として使われていたガラス瓶に、層を作るように素材が重ねて入れられています。食べるときに、素材と素材をよく絡めていただくのですが、瓶の中の食べ物を混ぜる行為自体が新鮮で、なかなか楽しい。一口食べてみると、ミートソースとチーズの濃厚な味わいと、サラダのような軽やかさが同時に味わえます。

お腹を空かせた男性がこれ1個ではお腹いっぱいにならないかもしれませんが、見た目以上の量。お酒のシメにも合いそうです。ヘルシー感と、何かおしゃれなものを食べたような食後感がいいですね。店内で食べるほか、テイクアウトもできます。

メニューを考案した黒岩龍之介店長は「新しい名物を作りたかった。スプーンでかき混ぜもいいし、シェイカーのように瓶を振ってもいい。思い思いに楽しんでもらえれば」と話しています。

関連記事

高橋与商店の酒、持ち込める飲食店拡大 串もん、いか焼き剣々も

2階空きオフィスをイベントスペースに 3月から二次会やパーティー向けに時間貸し 新前橋のシンバル

シンバル 前橋市新前橋町25-13 ☎027-226-1143 営業時間16~24時