前橋東地区唯一の豆腐店 長い形の手作りの味 大利根町の綿貫豆腐店

昭和の懐かしい雰囲気を残す大利根ショッピングセンター(前橋市大利根町)。洋品店や駄菓子・文具店、飲食店などにまじって、老舗の綿貫豆腐店があります。前橋東地区にある唯一の豆腐店で、半世紀近くにわたり、手作りの味を守っています。

大利根ショッピングセンターにある綿貫豆腐店
豆腐のほか、がんもどきや豆乳なども販売
清潔に保たれた調理場

場所はかき氷が人気のお茶の小松園のすぐ隣。昭和48年に創業しました。東地区に豆腐店はかつて光が丘町にもう一軒あったそうですが廃業し、現在は綿貫豆腐店だけになってしまったそうです。

綿貫豆腐店は店で小売りもしていますが、主には学校や病院の給食向けに販売。市内の多くの子どもたちが気づかなくても同店の豆腐を食べています。

主力の木綿豆腐と絹豆腐は、スーパーではあまり見ないレンガのような形状の長い四角形の容器(380グラム)に入っています。聞けば、前橋の豆腐店でつくる組合で使っている容器で、昔は多くの店が使っていましたが、今は数少なくなっているそうです。ちなみに、高崎市の組合の容器はまた違うそうで、地域差があることを初めて知りました。

ちょっと長めの長方形をした「手造りおとうふ」(木綿)。
こちらは絹豆腐。

豆腐は木綿、絹ともに1丁130円。食べてみると、ふわふわの食感で、豆の香りがふわっと広がる優しい味わいです。すっきりしていて飽きずに食べられそうですね。

このほか、生揚げ(1個130円)、がんもどき(同130円)、油揚げ(1枚55円)、豆乳(1カップ100円)なども販売しています。豆腐は普段、スーパーで買うことが多いのですが、こうした昔ながらの豆腐屋さんで買うのも、いいものですね。

綿貫豆腐店 前橋市大利根町1-37-9 ☎027-251-5934 店舗販売は9~19時。日曜・祭日休み。