昭和47年まで渡し船があった 利根川の歴史を伝える萩原の渡し跡 

利根川に架り、前橋市公田町と高崎市萩原町をつなぐ昭和大橋。県道高崎駒形線の橋として車が行き交うその北側に、こじんまりとした石碑が立っています。かつて利根川の両岸を渡し船で行き来した「萩原の渡し」があったことを今に伝えています。

「萩原の渡し」跡の石碑
利根川サイクリングロード沿いに設置されています。

碑があるのは利根川サイクリングロード沿い。3.7キロ北にある南部大橋付近にも「真政の渡し」の石碑がありますが、この萩原の渡しの碑の方が大きいです。碑に書かれた解説には、こう記されていました。

ここにかつて対岸に渡る「渡」があった。そのむかし、この付近の利根川は川幅一町四十間(約180㍍)、水深三丈(約9㍍)あったといわれ、激流のため棹が使えず、両岸から綱を張り、これを手繰って渡ったという。

明治十年頃には十二艘の船を置き板を敷き並べて、舟橋に改めたが、たび重なる出水により再び渡船となった。

その後、昭和大橋の完成により昭和四十七年をもって廃止された。

歴史的な経緯を解説した碑文

昭和47年まであったというから、大昔の出来事ではありません。高崎市にある中央高校(現・中央中等教育学校)の生徒らもよく通学に利用していたという話を聞いたことがあります。

利根川下流の伊勢崎市では島村渡船などが現役で動いています。生活の必要からというより観光目的で乗船する人が多いのでしょうが、かつては利根川流域で暮らす人にとって渡船はなくてはならないものでした。萩原の渡し跡の碑を見ていると、生活の中で渡し船に乗っていた昔の人の暮らしぶりが何となく頭に浮かんでくるようです。

奥の方に見える利根川