100銘柄の酒楽しめる 「ぐんま酒と食の祭典」に新前橋の高橋与商店が出店 高崎で10月5、6日

群馬の日本酒、クラフトビール、そして、ワイン…。約100銘柄が一堂に集まるお酒好きには堪らないイベントが企画されました。10月5、6日の2日間、高崎市のビエント高崎で「ぐんま酒と食の祭典」が初開催されます。県内の酒蔵やワイナリー、飲食店とともに、新前橋からは高橋与商店が参加し、来場者に群馬の地酒の魅力を発信します。

ぐんま酒と食の祭典のチラシを手にする高橋与商店の福田祐二社長
イベントPR動画。乾杯のシーンは高橋与商店で撮影されました。

イベントホームページによると、永井酒造や土田酒造、柳澤酒造、牧野酒造、島岡酒造をはじめとする県内18の酒蔵・メーカーのほか、浅間高原麦酒や月夜野クラフトビールなど6ビール醸造所、さらに奥利根ワインと群馬葡萄酒の二つのワイナリーが出店。フード関係では焼きまんじゅうのほたかや、チーズハンバーガーのTIN’S、峠の釜めしの荻野屋など32の飲食店・企業が参加します。

群馬の人に群馬の酒を

入場無料ですが、飲食するにはチケット(前売り1500円、当日2000円、ともに10枚つづり)が必要。高橋与商店は来場者が気に入った酒を買えるように瓶詰めされた地酒の製品を販売します。福田社長は「群馬の酒のことを知らない群馬の人は多いです。たくさんお酒が一つの会場に集まる機会なのでPRしていきたいです」と話していました。

イベントは「KANPAI! GUNMA」プロジェクトの一環として、群馬県工業振興課が事務局を務め、実行委員会が主催します。時間は5日が10~17時、6日が10~16時

ビエント高崎 高崎市問屋町2-7

高橋与商店の関連記事はこちら。

酒蔵を身近に 造り手の写真パネルを常設展示 新前橋の高橋与商店

高橋与商店の酒、持ち込める飲食店拡大 串もん、いか焼き剣々も

13年間熟成の日本酒 館林の分福酒造を迎え9月25日に新前橋でお酒を楽しむ会@高橋与商店

暑~い夏に飲みたいお酒ランキング ベスト5 高橋与商店

ペイペイ導入店5か月で3倍 前橋東地区67店に 広がるスマホ決済