カルチャー

台風19号で高崎、富岡2市でボランティアセンター開設 高崎は17日以降も市内外から募集

記録的な大雨をもたらした台風19号は、県内にも甚大な被害を与えました。群馬県社会福祉協議会のホームページによると、被害が大きかった高崎市と富岡市でボランティアセンターが開設されています。

14日に立ち上がった富岡市災害ボランティアセンターのフェイスブックページによると、同市では多くの市民がボランティアに駆けつており、17日から市外からは募集せず、市内在住者で対応。一方、高崎市では15日にセンターが開設され、17日以降も引き続き市内外からボランティアを募る見通しです。詳しくは高崎市社会福祉協議会HP

追記 17日に太田市嬬恋村にもセンターが開設されました。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-カルチャー

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5