「つい、うっかり」はなぜ起こる? 心理学の立場から講演 10月30日に東公民館

「つい、うっかり」してしまうこと、誰にでもありますよね。そうしたミスがどうして起こるのか心理学の立場から考える講演会が10月30日、前橋市の東公民館で開かれます。 群馬県立女子大国際コミュニケーション学部の甲村美帆教授が講師となり、「うっかり」が起こるメカニズムなどを解説します。 入場無料。

スマホに注意を取られて誰かの話を聞いていなかったり、仕事でのアポイントの時間を間違えたりと、人間はミスをしてしまいがち。ブレーキとアクセルの踏み間違えによる交通事故のように重大事案につながる場合もあります。

当日は 映像を交えながら、注意しているようで、できていない注意の意外な側面を説明します。

講演は高齢者向けの東公民館クローバー教室の一環。本年度7回開く教室の最終回「閉級式」に当たります。同館は「内容的にも高齢者だけでなく、幅広い世代の人に聞いてほしい」と来場を呼びかけています。

時間は13時半~15時。対象は前橋市在住、在勤・在学の人。事前の申し込みは不要です。問い合わせは東公民館クローバー教室(☎027-251-2598)へ。