路面に自転車マーク 前橋東中西側、安全性向上へ市が今月下旬から工事

最近、路面に描かれている自転車のマークをよく見かけるようになりました。自転車の走行位置や進行方向を示すもので、ドライバーへの注意喚起にもつながっています。前橋東中(前橋市光が丘町)の西側市道で、マークの取り付け工事が今月12月下旬から2月下旬まで行われます。

前橋市が周知している工事区間を示した地図

対象となるのは中学西側を南北に通る市道で、南部環状線から南におよそ160㍍ほどの区間。道幅が狭い割に交通量の多い同校南側の通りには既に設置されており、表示箇所が増えることになります。市は回覧板で工事を周知しています。

前橋東中の南側道路に設置されている自転車マーク

費用の問題や道路事情により自転車専用道の確保が難しい中、県や市はこうした自転車マークの路面表示を進めています。前橋東地区では、前橋育英高校の生徒らがよく利用する前橋長瀞線沿いにも自転車マークが表示されています。