新聞でコミュニケーション ランサーズ「仕事を生み出す新年会」 24日に前橋、上毛新聞有志とコラボ

「情報収集はスマホから」という人が主流になり、新聞はとっていない人は多いのではないでしょうか。ただ、個人で購読していなくても職場でとっているという人はきっと多いはず。新聞を使って職場のコミュニケーションを円滑にしたり、記事から新たなビジネスのアイデアを生み出す、新たな新聞の使い方を提案するワークショップ&交流会が前橋市の中心市街地で開かれます。

それは、フリーランスと企業などをマッチングするIT大手ランサーズの「新しい働き方LAB」。「仕事を生み出す新年会」と題して、上毛新聞(前橋市古市町)の有志とコラボし、「新聞コミュニケーション」のワークショップが行われます。

:日時 1月24日午後7~9時

:会場 前橋まちなか研究室 前橋市千代田町1-2-9(当初予定したcommから変更)

記事を選んで「プレゼント」

ワークショップでは、新聞をコミュニケーションのツールとして活用。ペアを組んだ相手にインタビューし、その人が合う記事を切り取って〝プレゼント〟したり、社会面や文化面、スポーツ面などジャンルの異なる面を並べて〝新規ビジネス〟のアイデアを考えたりします。

交流会を含め参加費(軽食、ビール・飲み物付き)は1100円。以下のサイトや会場で支払えます。定員30人。詳しくはサイトで。

ランサーズHP https://www.lancers.jp/lab/detail/216

イベントフェイスブックページ https://www.facebook.com/events/756626411488380/

新しい働き方LABはランサーズが全国各地で取り組む企画。前橋ではフリーランスのコピーライター・竹内躍人さんが運営を担当し、昨年4月に初回が開かれました。

comm 群馬県前橋市千代田町二丁目10-2