〝映える野菜〟がすごい パンの店から一転、自然食レストランに サラードカフェ・ベアーズ 前橋市川曲町

リニューアルのため休業していた「ベーカリーカフェ・ベアーズ」(前橋市川曲町)が、新たに「サラードカフェ・ベアーズ」に生まれ変わりました。以前は手軽にパンが買えるカフェ併設型ベーカリーでしたが、今度は野菜を売りにした自然食レストランとして、1月9日に開業。全く業態の異なるお店になっており、もはや「新規オープン」といっていいぐらいです。インスタ受け間違いなし、野菜をふんだんに使ったメニューが用意され、健康的な食事が楽しめるので、女性に支持されそうですね。

サラードカフェ・ベアーズ
ランチメニューは3種類を用意

ドライ野菜のスープ

以前は100円パンも売っているリーズナブルな店でしたが、店の前に並んだメニューボードには1320円と1650円のセットメニューのみ。高いのかな思いきや、この感想は食後見事にひっくり返ります。これから書きますが、食事の量や質、見た目などの演出も含めて決して高くないと感じました。

店内は前よりも広々としたカジュアルなテーブル席になってました。

ドライ野菜を自由にトッピングできるスープ

メニューは週替わりになっていて、今週のBランチ(コンソメ煮込みの大根と鶏肉のグラタンパン粉焼き、1320円)を注文してみました。

スープは自分で好きなだけ飲めるバイキング形式になっています。特徴的なのはスープに、ナスやセロリといったドライ野菜を自由にトッピングできること。最初かたい野菜も時間の経過とともに水分を吸収し、やがてシャキシャキに。生以上に歯ごたえあって、野菜のうま味もスープにとけ出して、滋味深い味です。

「コンソメ煮込みの大根と鶏肉のグラタンパン粉焼き」
色鮮やかな野菜を中心にしたランチメニュー

あふれる色彩

にんじんとほうれん草の手作りドレッシングとともに運ばれてきたメーンの料理やプレートのサラダにはびっくりしました。緑、紫、オレンジなどなど…色鮮やかな野菜がずらり。レタスやブロッコリー、ビーツやじゃがいも、カボチャやトマト、そして古代米。思わず写真を撮りたくなっていまいます。

アップにすると、こんな感じです。

メーンの「コンソメ煮込みの大根と鶏肉のグラタンパン粉焼き」は、焼き目のついたパン粉がきれいに載っています。柔らかく煮込んだ大根、鶏肉が濃厚なソースとよく合い、ご飯が進みました。かなりボリュームもあります。

「50%野菜で仕上げた鶏胸肉のハンバーグ」

ちなみにCランチ(1320円)は「50%野菜で仕上げた鶏胸肉のハンバーグ」。ほうれん草のソースとトマトソースが選ぶことができて、写真はほうれん草のソースです。こちらはあっさりとした優しい味で、野菜が半分入っていてヘルシー。たんぱく質もとれて、栄養バランスが良さそうです。

ミニ茶道体験?

健康的な食事で満足としていたところ、食後のデザートが。これが一本取られたという感じでした。きなこのヨーグルトとともに、抹茶が運ばれ、これに茶筅が付いていました。

デザートはきなこソースのヨーグルトと抹茶

店員さんに教えてもらった通り、15秒間ほどシャカシャカ…。一口飲むとほっとするお味。きなこのヨーグルトも甘すぎず、美味しかったです。茶道体験ができたようで、記憶にも残る食事になりました。

スープだけでなく、水もセルフサービスですが、ミネラルウオーターと、ミントなどで香りのついた水の計2種類を用意されています。

最後に店内で、もう一つ驚いたのはハンモックがあること。ゆらりゆらりしながら、ハーブティーが楽しめます。この中で寝てしまう子もいるとのこと。子どもを連れたママに喜ばれそうですね。

ハンモックがある店内。今度はこれを試したいと思いました!
ドライ野菜を使ったオリジナルふりかけ
夜は9つのメニューを用意しているそうです。

同店のインスタグラムもあるので、リンクを貼っておきます。

https://instagram.com/saradecafebears?igshid=cmdaxyu7dp7x

サラードカフェ・ベアーズ 群馬県前橋市川曲町528−1