カルチャー

人生100年時代に輝き増す趣味力 14日まで「ふるさとあずま作品展」@前橋東公民館

「人生100年時代」と言われる高齢化時代の中で、長い人生を充実させる趣味の価値が高まっています。現役世代も働き方改革が進み、自由に使える時間が増える傾向にあり、余暇の過ごし方が見直されています。

地域住民の力作70点を紹介

そんな中、一般の地域住民が日ごろの創作活動の成果を発表する「ふるさとあずま作品展」が2月14日まで、前橋市の東公民館で開かれています。最終日は午後3時まで

長年文化活動に打ち込んできた上級者から、 楽しむことを目的に作った小学生の作品まで幅広い年代の人たちの力作が並んでいます。

東公民館ホールで開かれている作品展

作品は回覧板や掲示板を通じて、広く呼びかけて募集。大きさなど所定の条件を満たせば住民なら誰でも展示できます。

今はインスタグラムといったSNSにも気軽に自分の作品を投稿できますが、 レベルにかかわらず、 公の場所に展示できるのは貴重な機会と言えそうです。

会場には般若心経とともに描いた仏画や、新春のどんど焼きを切り取った写真、丁寧に編み込まれた洋服など約70点を紹介しています。

どんど焼きを写した写真
丹精した手芸や工芸作品
生命力溢れるトマトを描写した絵画
白黒の濃淡で趣ある世界を表現
般若心経とともに描いた仏画
小学生の作品も展示
きれいなイルミネーションの写真

会場に置かれたアンケート用紙に気に入った作品を記入しておくと、それが後日、公民館を通して作者に伝えられます。これは本当に作った人は嬉しいでしょうね。なかなかありそうでない良い企画だと思いました。

趣味の成果、地域で発表

人生100年時代、定年退職後に何か新しい趣味を始めてもいいですし、若い時から好きなことに打ち込めば、人間の幅を広げ、仕事にも生きてきます。

こうした趣味の世界を、今回のような地域の作品展で発表するのもいいなあと感じました。個展や仲間と展示会を開くのはハードルが高いですが、こうした場なら、気軽に出品できます。思わぬ反響があるかもしれませんね。

前橋市東公民館 前橋市箱田町543-1

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3212.4924014454036!2d139.04905531476672!3d36.373072199326515!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x601ef2da7abbf545%3A0x93ae27e16f0fd200!2z5YmN5qmL5biCIOadseWFrOawkemkqA!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1581553712931!5m2!1sja!2sjp&w=400&h=300]

-カルチャー

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5