行政

前橋市の小中学校4日から一斉休校 山本市長はビデオメッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う首相要請を受け、前橋市はあす3月4日から3月25日まで、全ての小学校、中学校、特別支援学校を休校します。

市独自の取り組みとして休校期間中は、小学校と特別支援学校について、子どもたちを学校で受け入れる「スクールホーム」事業を実施します。

市のホームページによると、卒業式は時間を短縮して予定通りの日程で開催します。

3月13日 中学校・特別支援学校の卒業式

3月24日 小学校の卒業式

※修了式は3月26日に実施。

市立前橋高校は3月2日から休校し、自宅学習となっています。

卒業式は2日に行いました。

自習が基本、居場所の提供

スクールホームは、仕事などを理由にどうしても家庭では対応できない子どもを対象に、自習を基本とした居場所を提供します。

小学校が午前8時半、特別支援学校は同9時から、それぞれ放課後児童クラブの開始まで受け入れます。

市長がスクールホームに理解と協力呼びかけ

新型コロナウイルスへの対応で、山本龍市長はユーチューブ動画で約4分間のメッセージを発信し、スクールホームへの理解を求めました。

以下は発言の要旨です。

政府の一斉休校要請を受け、私たちは多いに悩みました。しかし、政府の言うここ1、2週間が、いま私たちが直面しているこの病気を防げる最大のチャンス。ここに多くの方が集団感染しない仕組みをつくっていく。その要請に基づき、小中学校、高等学校の一斉休校を判断しました。

しかし、たくさんの課題がありました。働くご両親が職場に行けない。そして、行けないことによって、病院や看護施設、あるいはさまざまな機能が失われていく。そういう問題を私たちはかんがみ、教育委員会と協議し、前橋においては「スクールホーム」。学校を子どもたちの安全な居場所にしていこう、その判断に至りました。スクールホームは前橋においてすべての小学校、そして、特別支援学校の初等科、中等科ともに開設いたします。いつもの通り、学校で子どもたちが安全に集える場所を提供していきたいと考えております。

ただ、衛生管理はしっかりとしないといけません。朝、登校する子どもたちがきちんと体温を計り、それに応じて受け入れていく。検温することはぜひ保護者の義務として、お取組みいただきたいと思います。

さて、このスクールホームを利用せず、家庭で子どもの居場所をつくっていく、そういう保護者の方々も大勢おられるはずです。その保護者の方々にもお願いをいたします。この期間中、子どもたちの生活習慣、健康管理、学習、どうぞよろしくお願いいたします。

教育委員会からの学習の手引きや生活指導の手引きをぜひお読みいただき、子どもたちを各家庭で守っていただきたいと思っております。

市民の暮らしの悩みも感じながら、このスクールホームに至りました。さまざまな課題が残っているはずです。この短い期間で決定したスクールホームにいろいろな問題点も起きるかもしれません。しかし、運営を通じ、課題点を解決し、検証し、そして、良きものにしていく。その努力をしてまいりたいと思います。多く方々が自らの健康を自ら守っていく。それがこれからの期間であります。どうぞ共にこの困難を乗り越えてまいりたいと思います。みなさんと共に進んでまいりましょう。どうぞよろしくお願いします。

-行政

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5