暮らし 行政

前橋市がスクールホーム中止 緊急事態宣言受け21日から

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象が全国に拡大されました。

これを受け、群馬県は4月17日、特別措置法に基づき県民に対して通院や買出し、出勤など生活の維持に必要な活動を除き、外出しないよう要請しました。

また、遊興施設や劇場・映画館など7業種・施設については休業要請に踏み切りました。

https://www.pref.gunma.jp/contents/100152299.pdf

緊急事態措置を踏まえ、前橋市は17日、休校中に子どもを学校で預かる「スクールホーム」について、4月20日を最後に中止すると発表しました。

https://www.city.maebashi.gunma.jp/kosodate_kyoiku/3/1/23853.html

医療施設や社会福祉施設などで働く保護者の子どものうち、幼稚園児や小学1・2年生、特別支援学校の児童生徒については4月21~28日、受け入れるといいます。

スクールホームは、これまで1人親家庭や共働き世帯など対応が困難な場合のみ児童生徒を受け入れてきました。

緊急事態措置となり、緊迫感が一段階上がりました。いつ収束するか先が見通せず、休校が長くなり、子どもたちの心身への影響も懸念されます。子どもたちをどうケアしていくのか家庭や社会が問われています。

-暮らし, 行政

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5