暮らし

外出自粛でも散歩やジョギングはいいの? 群馬県HPに方針や注意点

緊急事態宣言の対象が全国の都道府県に拡大され、群馬県でも特措法に基づいて県民に外出自粛が要請されました。

家にいる時間が長くなり、運動不足になってストレスも溜まります。

健康を維持するためにも体を動かす必要がありますが、散歩やジョギングは外出自粛要請の対象となっているのでしょうか。

群馬県のホームページにQ&A形式で考え方が記載されていました。

https://www.pref.gunma.jp/contents/100152190.pdf

以下、抜粋です。

Q「適度な運動」としての散歩やジョギング、犬の散歩などは推奨されているが、外で行うスポーツは行ってもよいですか。


A1 運動不足やストレスを解消するために運動の機会を確保することも大切であると考えられており、日常的な運動(散歩、ジョギングなど)や犬の散歩など、屋外の安全な環境の下で行っていただきたいと考えます。ただし、なるべく人との接触を避け、特に一度に大人数が集まって人が密集する運動とならないよう注意する必要があります。

「密集」「密接」避けて

つまり、散歩やジョギングは制限されるものではありませんが、注意してやりましょう、ということですね。

よく「密閉」「密集」「密接」の「3密」を避けるべきだと言われます。

散歩やジョギングは屋外なので「密閉」ではありませんが、大勢で近づいておしゃべりすれば「密集」「密接」の状態になっていまいます。

外出自粛の影響で、利根川サイクリングロードや滝川沿いでも散歩やジョギングを楽しむ人が急増しています。

安全な行動を意識しながら、適度な運動で心身を健康に保っていきましょう!

-暮らし

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5