カルチャー

とりせん新前橋店が19日から営業時間短縮 緊急事態宣言受け

新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急事態宣言の対象が全国に拡大され、群馬県でも特措法に基づき7業種に休業要請が出されました。

休業要請の対象外であるスーパーでは、営業時間を短縮する店もあれば、通常通りの店もあったりと、対応に差が出ています。

前橋東地区では、とりせん新前橋店が通常9~24時の営業時間のところ、4月19日から5月6日まで9~21時45分に短縮しました。

24時閉店は仕事の帰りが遅い人には便利でした。ただ、短縮後も21時45分と比較的長く店を開けてくれるので、それほど大きな影響はないのではないでしょうか。

一方、フレッセイ大利根店(9~23時)クラシーズ新前橋店(9~23時)ベイシアスーパーマーケット前橋川曲店(9~20時30分)ヤオコー前橋箱田店(9~21時30分)は変更なく、通常通り営業しています。

カインズは全国一律短縮

スーパー以外をみてみると、カインズが全国一律で短縮し、前橋川曲店も4月18日から5月6日まで通常9時30分~20時の営業が10~18時となります。

また、家電量販店のケーズデンキ前橋川曲店も通常10~21時ですが、当面の間10~19時と短くしています。

スーパーやホームセンターなどは、ライフライン。レジで並ぶ際に距離をとったり、マスク着用・手指消毒をしたりと、消費者である自分自身も感染防止策をしっかりやっていきたいと思います。

-カルチャー

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5