行政

ぐんまちゃんアニメ化 テレビ放送目指す 注目・群馬県2021年度予算案② 

ちょっと面白そうな、目を引く群馬県の2021年度事業を紹介する企画第2弾は、ずばり「ぐんまちゃんブランド力強化」事業です。

一般会計当初予算案に関連費用3億2927万円を計上しました。

内訳はぐんまちゃんアニメ化に1億6328万円。全国プロモーションキャラバンに1億1346万円、国内外のライセンス管理などに5253万円となっています。

アニメは2021年度のテレビ放送を目指す方針なので、もうすぐお茶の間でぐんまちゃんを見られそう。全国プロモーションでは他県キャラクターを訪問したり、ぐんまちゃんのお誕生日会を開催したりします。

山本一太知事は2月8日の記者会見で次のように語りました(会見動画20分すぎ)。

山本知事発言

過去の会見でも何度も申し上げてきましたが、ぐんまちゃんは群馬県最大のキラーコンテンツといっても過言ではないと思います。そのぐんまちゃんを世界中で認知される人気キャラクターに成長させるとともに、その知名度の高さを活用し、県全体のさらなる利益向上と県民の郷土愛の醸成を図って参ります。全国的なプロモーションはもちろんのこと、制作を予定しているぐんまちゃんのアニメについては令和3年度中のテレビ放映を目指して参ります。

本日2月17日開会した県議会本会議に、ぐんまちゃん関連費用を含む総額7650億円の予算案が提案されました。24日からの一般質問でも、ぐんまちゃん予算は議論されるのではないでしょうか。

賛否が分かれそうな事業ではありますが、国際的な人気を誇る「くまモン」をはじめ、ゆるキャラがもたらす経済効果は大きなものがあります。ゆるキャラグランプリでは2014年にグランプリに輝いたぐんまちゃん。既にさまざまな企業商品のパッケージなどに使われていますが、アニメ化でさらなる地元経済活性化の起爆剤になれるでしょうか。

-行政

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5