グルメ

『#鯛たべようフェア』で日本一産地宇和島市を応援 コロナに負けるな 回転寿司のいちもん

コロナ禍で打撃を受けた、真鯛の養殖量日本一を誇る愛媛県宇和島市の生産者を応援しようと、産直グルメ回転寿司「群馬を握る、まぐろ問屋いちもん」は2月22日(月)から3月21日(日)まで、『#鯛たべようフェア』を開催します。

「真鯛食べ比べ三種盛り」「炙り真鯛三種盛り」「真鯛昆布〆の酢漬け大根添え」など、鯛ずくしのメニューが楽しめます。

いちもん前橋店

SNSで真鯛の写真を投稿

全国の食品産地と同様、宇和島市の鯛も新型コロナウイルスの感染拡大による外食自粛の影響で出荷先を失い、消費が減少しました。

生産者を支援するため、同市では宇和島産真鯛を買って食べてもらうプロジェクトを発足。鯛を食べたときや料理したときなどに撮影した画像を、「#鯛食べよう」のハッシュタグとともにSNSに投稿してもらうよう呼びかけていまいす

いちもんはプロジェクトに賛同し、フェアを実施することにしました。

フェアのメニューを紹介します(プレスリリースより引用、税抜き価格)。

真鯛食べ比べ三種盛り(530円)

自家製酢漬け大根、ねぎとろとやみつき醤油、生うにと芽ねぎを添えた三種盛りで、料理長のアイデアと職人仕込みが光る一皿です。

炙り真鯛三種盛り(430円)

ゆず味噌、醤油、塩ダ
レの三種の味わいを当店の人気メニューである“炙り”で仕上げました。

真鯛昆布〆の酢漬け大根添え(330円)

わずかに添えたゆずと梅の香りから酢漬け大根のシャキッとした歯応えと酸味、最後に真鯛の甘みと旨みへと一貫で味わいの移り変わりをお楽しみいただけます。

華やか花ちらし寿司 840円

花の形に仕上げたちらし寿司。真鯛の桜 色の身が目にも美味しい一品です。 

真鯛カブト煮 530円

希少な目肉・ほほ肉を堪能いただ ける寿司屋の逸品です。

カブト焼き(赤城しぐれ添え) 530円

見た目も豪華でお祝いの席にもぴっ たりな逸品。

真鯛とパプリカとアボカドのごま和え 380円

鮮やかな彩りでお食事とお酒が進みます。おつま みや箸休めにぴったりです。 

 

フェアは2月22日から。県内3店を展開しており、前橋市川曲町に前橋店がありますので、東地区のみなさんも旬の鯛を楽しんでみてはどうでしょうか。

 

 

群馬を握る、まぐろ問屋 いちもん 前橋店
群馬県前橋市川原町一丁目28-10
TEL 027-234-4433
営業時間 平日 11:30~15:00 、
17:00~21:45(L.O 21:30)
土日祝 11:00~21:45(L.O 21:30) 定休日 なし

-グルメ

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5