行政

スーパーシティ構想で市民説明会 東地区は28日

AIやビッグデータの活用、規制緩和により、豊かな生活の実現を図る「スーパーシティ」構想。本年度、国に申請する前橋市は27日から、住民の理解を深めるため、市民説明会を開きます。

市内16か所で開催。東地区は28日午後2時から東公民館で予定しています。

構想は「まえばしID」と呼ぶ市独自の新しい身分証明がキーになります。マイナンバーカードとスマホ、顔認証技術を活用して、ネット上で本人を確認。まえばしIDと健康データやポイントカードなど、ばらばらな情報を必要なときに連携させることで、医療福祉をはじめ、各分野のサービスを向上させるというものです。

ただ、構想そのものが理解するのが難しい上、個人情報を扱う分野なので、住民不安が多いのも実情。市は1月27日から構想を紹介する動画を公開しました。

市はまちづくりの一つの大きな方向性を示しているので、お時間のある人は説明会に参加してみてはどうでしょうか。

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-行政

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5