市議会

前橋市議会議長に横山氏、副議長は富田氏 最大・第二会派から選出

2月に改選があった前橋市議会の新たな議長・副議長が定例会初日の3月3日に決まりました。

議長は最大会派「前橋令明」に所属する横山勝彦氏(74)=下細井=、副議長には第二会派「前橋高志会」の富田公隆氏(50)=二之宮町=が就任しました。

議長メッセージが市議会ホームページに載っています。

課題は山積み、政策提案力・解決力ある議会を期待

横山氏は8期目のベテラン議員で、2005年度にも議長を経験しており、今回が2度目。富田氏は4期目の中堅で、2月の市議選では得票5位(3,537票)で上位当選しています。

おすすめ
女性が存在感、ネット活用の重要性増す 前橋市議選38人当選

任期満了に伴う前橋市議選は2月7日投開票され、38人の当選が決まりました。 内訳は現職32人、新人6人。現職1人が落選したものの、総じて現職が強さを発揮しました。党派別には無所属28人、公明4人、共産 ...

続きを見る

前橋令明、前橋高志会とも保守系会派になりますが、昨年の市長選では令明は山本龍市長、高志会は岩上憲司氏をそれぞれ支援しました。

おすすめ
赤城山
前橋市長選、山本氏が保守分裂の激戦制す 久しぶりの〝3選市長〟に 

過去最多の6人が立候補した前橋市長選は、現職の山本龍氏が4万9565票を獲得し、3選を果たしました。いずれも自民支持層を基盤にする山本氏、元県議の岩上憲司氏、元衆院議員の佐田玄一郎氏が出馬する激しい保 ...

続きを見る

前橋市議会では議長、副議長とも慣例で1年間務めます。

新型コロナウイルス対応や地域経済振興など、地域の課題がたくさんあるなか、新議長・副議長は議会改革をどんどん進め、市民の声をくみ上げながら、政策の発信力と提案力、そして、問題解決力のある議会を目指してほしいと思います。

-市議会

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5