市議会

用地取得率40.3%に 交通安全へ道路拡幅 上新田前箱田線 ②前橋市議会トピック

道路拡張が進められている前橋市の都市計画道路・上新田前箱田線の用地取得率(面積ベース)は現時点で40.3%であることが3月15日の市議会定例会で報告されました。浅井雅彦市議の質問に答えました。

買収後、更地となった用地については、路肩舗装やバリケード設置などの仮設工事を行い、通学路の安全対策を進めていると説明しました。

前橋市議会棟

既存道路は大利根小や箱田中の児童生徒の通学路となっていますが、道幅が狭く、危険性が指摘されています。

市は2021年度一般会計当初予算案に、用地買収・工事費2億950万円を計上。昨年6月の議会では、2020年5月末現在、用地取得率(面積ベース)は28.5%と説明がありました。10か月でおよそ12%進んだことになります。

今後について、市は次のように答弁しました。

国からの交付額を見極めながら、引き続き、用地買収と移転済み区間の道路工事を進め、効果的な事業の推進をはかり、地域と連携しながら、早期完成に向けて取り組んでまいります。

 

参考狭い道路拡張へ 上新田前箱田線に2億950万円 ①前橋市2021年度予算案

狭い通学路が多い前橋東地区。子どもたちの交通安全をどう守るのかが長年の地域課題になっています。 車の往来が多いのに道幅が狭く、整備の優先度が高い都市計画道路「上新田前箱田線」に、2021年度も予算が付 ...

続きを見る

参考用地取得率は28.5% 道路拡幅中の上新田前箱田線 前橋市が答弁

道幅がせまくて危険性が指摘されている前橋市大利根町や箱田中学校付近を結ぶ都市計画道路・上新田前箱田線。 拡幅事業が進められており、市は6月19日の市議会定例会で、用地取得率(面積ベース)は2020年5 ...

続きを見る

 

-市議会

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5