行政

前橋市が公式LINE 7月1日スタート 四つ目のSNS、情報発信手段を多様化

新たな情報発信手段として、前橋市が7月1日、公式LINEを始めるようです。

市のホームページで6月22日、告知しました。

アカウント名は@maebashicity。市政情報やイベント情報などを発信します。

情報の見逃しが少ないライン

SNSについて、市は既にフェイスブックやツイッター、インスタグラムを活用。

動画発信のためのYouTubeチャンネルも設けています。

プッシュ型の情報発信ツールであるLINEは通知があるので、受け手からすると見逃しが少なそう。

発信側からしても他のSNSに比べて、着実にメッセージを届けられるメリットがありそうです。

ただ、LINEの場合、「友達」になると一方的に情報が届くので、「うっとおしい」と感じる人もいるかもしれません。

自分に合うか試してみるのがよさそうです。

一口にSNSといっても、その特性や利用者の好みがあります。

災害時を含め、より多くの人に情報を届けるためにも、自治体が伝達手段を多様化しておくことは大切なことなのではないでしょうか。

 

 

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-行政

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5