行政

前橋市4月1日誕生130年 新年度、記念行事はあるのか注目 

今年は前橋市にとって、節目の年になります。

明治25(1922)年4月1日、市制を施行してからちょうど130年。

120周年の時にも記念イベントがありましたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、盛大にお祝いできるか分かりませんが、何かしら、心のこもったお祝いできればいいですね。

前橋市は、全国41番目の市として誕生しました。関東では東京、横浜、水戸に次いで4番目で、比較的早い時期に誕生した、歴史のある市といっていいでしょう。

昭和・平成の大合併で市域を広げ、現在の形になりました。ちなみに、今の東地区のエリアである群馬群東村は昭和29年4月に合併しました。

市のホームページで公開されている広報紙のバックナンバーを見てみると、100周年の平成4(1992)年4月1日号では、鎌倉中の生徒らによる「100」の人文字が表紙を飾り、盛り上がっている様子が伝わってきます。グリーンドーム前橋では、記念イベントとして、荻野目洋子さんのコンサートを開くと紹介していました。

80周年の昭和47年には記念特集号を出して、前橋の歴史を詳細に紹介しているので勉強になりました。

まもなく新年度の予算案が発表されます。130周年行事にどのような予算がつくのか、ちょっと注目したいと思います。(S)

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-行政

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5