暮らし 行政

これが前橋市長選の戦後全19回の投票率だ 最高93%、最低は30%

2月2日告示・9日投開票の前橋市長選が近づいてきました。新聞報道によると、現職新人5人が立候補を表明しており、全員が出馬すれば平成8年と並ぶ過去最多の候補者数となり、激しい選挙戦が予想されています。前回投票率は30.97%と過去最低を更新しましたが、今回はどうなるのでしょうか。戦後19回行われた前橋市長選の投票率を調べてみました。

回数執行年月日候補者数投票率
S22.4.5377.96%
S26.4.23293.01%
S30.4.301無投票
S33.7.1282.75%
S37.6.1378.76%
S41.6.1453.90%
S45.6.1466.21%
S49.6.1668.59%
S53.7.262.74%
10S57.7.458.06%
11S61.6.1545.89%
12S63.2.2861.12%
13H4.2.1639.23%
14H8.2.1853.77%
15H12.2.2036.60%
16H16.2.1548.83%
17H20.2.1752.40%
18H24.2.1949.06%
19H28.2.1430.97%
戦後19回行われた前橋市長選の投票率(『選挙の記録』から作成)

昭和22年に行われた第1回選挙は、いまでは考えられない数位ですが、77.96%。そして4年後の昭和26年には過去最高の93.01%に達します。ただ、その後は下落傾向となり、昭和41年に53.90%、昭和61年には45.89%、平成4年に39.23%、平成12年には36.6%となりました。

いま挙げた低投票率の選挙は共通点があり、いずれも現職と新人の一騎打ちとなり、現職が選挙戦で優勢なケースです。過去最低を更新した前回4年前の選挙もこれに当てはまります。

前回は現職の山本龍氏と新人の樋口和彦氏の2人が立候補しました。大きな争点はなく、山本市政4年間の評価が問われましたが、投票率は30.97%と、前々回の49.06%から18.09ポイントも下落しました。

逆に最近で投票率が高かった選挙は5人が立候補した平成8年で、53.77%となりました。3人が出馬して激しい保守分裂選挙となった平成20年も52.40%と高い投票率となりました。

事前報道では、今回は3選を狙う現職の山本龍氏、県議の岩上憲司氏、元衆院議員の佐田玄一郎氏、ともに元前橋市議の中島資浩氏と店橋世津子氏の5人が立候補を表明。平成8年は新人5人の争いだったのに対し、今回は現職と新人4人が競う構図となる見通しです。

特徴的なのは山本氏、岩上氏、佐田氏の自民系候補の3人が出ることから、保守票が大きく割れること。平成20年のように激しい保守分裂選挙は投票率を上げる傾向にあります。今回は4年前の30.97%は超えるというのが大方の見方ですが、どれほどになるのか市民も問われています。

選挙の関連記事はこちら。

前橋市長選で公開討論会 新前橋商工会が1月15日、候補予定者5人参加か 

クロストーク白熱、公開討論会に一石 前橋市長選前に新前橋商工会 

ユーチューブを公開 前橋市長選の公開討論会@新前橋 前哨戦熱く

統一地方選後半戦スタート 上毛新聞が候補者略の歴や公約をネット発信 

大利根町が高かった 東地区の投票率 今年は選挙続々

-暮らし, 行政

© 2020 あずまある Powered by AFFINGER5