カルチャー 歴史

利根川に父との優しい思い出 明治生まれの釣りジャーナリスト佐藤垢石をたどる

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が出ています。自身の趣味である釣りを題材とした随筆集『たぬき汁』を著し、雑誌「つり人」の編集など、「釣りジャーナリスト」として活躍した佐藤垢石(さとう・こうせき 1888~1956)です。
垢石の随筆には、彼の故郷である上新田町と利根川の流れが繰り返し登場します。その風景は現在でも面影を残しており、私たちは往時を偲ぶことができます。垢石の作品とともに、利根川を追いかけてみました。(M)

五月の利根河原に陽炎揺れる

『父の俤』(1938)
「朝の飯を食べると、私はちょこちょこと父の後をしたがった。前橋から下流一里ばかりの上新田の利根河原へ行ったのである。」
「五月の真昼は、何とすがすがしい柔らかい風が吹くことであろう。小石原から立つ陽炎がゆらゆらと揺れる。砂原の杉菜の葉末に宿った露に、日光が光った。」「このほど故郷の村へ帰って、崖の上から昔の河原を望んだが、流れを遮る鬼岩は、その頃と変わらぬ安山岩の荒い肌を、激流の面へ現わして、白い飛沫を空に撒いていた。/河原の青い玉石も、松の黒い葉も、杉葉の浅緑も、幾十年の彩を晩春のなかへ漂わせていた。」

写真の利根川は、2020年の初夏の頃です。生活する上で普段はあまり意識していませんが、垢石の書くように、利根川の岸は両側とも崖が切り立っており、人々の生活する土地は川よりも一段高い位置にあります。

父と二人、雷電神社下で若鮎釣り

『母の匂い』(1938)
「やはり、五月はじめのある朝、父と二人で、村の河原の雷電神社下の釣り場へ若鮎釣りを志して行った。父と私が釣り場へ行く時には、いつも養蚕に使う桑籠用の大笊を携えるのであった。あまり数多くの若鮎が釣れるので、小さな魚籠ではすぐ一杯になってしまい、物の役にたたなかったのである。」

前橋市を貫く利根川は、源流の赤城山から降りてくる若鮎がよく取れた様子が窺えます。また、雷電神社下から利根川へ降りる道も、少し草木が茂っていますが、今でもしっかりと存在しています。垢石が父と下ったのもこの道だったのでしょうか。

利根川を遡る薄紅のはや

『楢の若葉』(1938)
「はやは、利根川の雪代水を下流から上流へ上流へと遡ってきた。はやという魚は、おいしいとほめるほどでもないが、産卵期が近づくと、にわかに活動が盛んになってきて、頭から横腹、尾の端まで紅殻を刷いたように薄紅の彩が浮かび、美装を誇るかに似て麗艶となるのである。そして腹の小粒の卵に、ある一種の風味を求めて、私の村の人々は毎年春になると、遠く下総国の方から遡ってくるはやを、飛沫をあげて流れる利根川へ釣りに行った。/その朝まだ薄暗いうちから、私ら父子も田んぼの畔まで母に送られて家を出て、利根川の崖下まで行ったのである。」

ここで登場する「はや」という魚は、特定の種を指すのではなく、コイ科の淡水魚の総称だそうです。利根川沿いに暮らしていた人々は、日常的に川魚を獲って、食していたようです。

「私は、利根川の崖の坂路を登りながら、はるばると奥山の残雪を眺めた。そして、ぽつぽつと、父の跡を踏んで歩いた。/雑木林へ差しかかった時、父は、『これをごらん』/こう言って私に、楢の枝を指した。何のことであろうと思って私は、父の指す楢の小枝へ眼をやったのである。楢の枝には、澁皮が綻びたばかりの若芽が、わずかに薄緑の若葉をのぞかせていた。」
垢石の書く利根川は、いつも父との思い出の中にあります。その優しい記憶は、100年前のこの地の人々の生活を、私たちに想像させます。

前橋市上新田町に佐藤垢石の碑や墓

雷電神社の境内には、佐藤垢石の碑もありました。
また、新田小学校横の福徳寺に垢石の墓もあります。

佐藤垢石の随筆の多くは、オンライン上で公開されています。今回取り上げた作品も、著作権の切れた作品を公開しているサイト・青空文庫(
作家別作品リスト:佐藤 垢石 )に収録されており、いつでも読むことができます。
垢石の随筆を片手に、垢石の足跡を追いながらサイクリングロードをなぞっていくと、新たな景色や思いが見つかりそうです。

 

 

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-カルチャー, 歴史

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5