大利根町に待望のカフェ 良質食材でお母さんたちの手作り料理 Cafeなにも

前橋市大利根町の大利根ショッピングセンター内に4月10日、「Cafeなにも」がオープンしました。食について独自の基準を設ける生協「生活クラブ」や群馬県産の食材を使用し、〝お母さんたち〟が手作りした料理や飲み物を楽しめます。

もともとパン屋があったテナントに出店しました。

店は高齢者が多い閑静な大利根住宅団地内にありますが、気軽に立ち寄れるカフェのような店は数少ない。こうしたカフェを望んでいた人も多いようで、店に入ると地域のお年寄りらでにぎわっていました。

日替わりのランチプレート

昼は日替わりランチプレート(820円、ドリンク付き1020円)があり、この日はマカロニグラタンがメインのセットメニュー。はじめに運ばれてきた「じゃがいものスープ」は優しい味わい。サラダに入っている平田牧場(本社・山形県酒田市)のソーセージは歯ごたえよく、肉のうまみが強かったです。

じゃがいものスープと、平田牧場のピリ辛ソーセージが入ったサラダ

その日の朝にスタッフが焼いたというパンは表面がカリッとし、中はモチモチ。りんごジャム入りヨーグルトも付いていました。

朝焼きのパンとりんごジャム入りヨーグルト
この日のメインのマカロニグラタン

メインのグラタンに入っているマカロニは腰があり、歯ごたえがいい。国産鶏のムネ肉はとりわけ美味しかったです。皮の脂身の味がよく、素材の良さを感じました。

農薬不使用の「森のコーヒー」

食後に頼んだ農薬不使用の「森のコーヒー」は、生活クラブのホームページによると、ブラジル・サンパウロ産。コーヒーの木を高く茂らせて日光を届かないようにして、雑草の繁殖を抑えることで農薬を使わない農法を実現しているとのことです。苦味と酸味がほどよく、すっきりした味わいでした。

店内は、木のテーブルやカウンターがあり、温かい雰囲気。生活クラブの調味料や食材も販売しています。

生活クラブの食材も販売している店内

14~17時はコーヒー・紅茶とスイーツが付く「おやつセット」(500円)の時間。後日行ってみると、その日はみそあんの柏餅とケーキの日。写真は柏餅です。

店の入口にある手書きのメニューボード

Cafeなにも  前橋市大利根町1-37-1大利根ショッピングセンター内 ランチ11時半~14時 カフェタイム14~17時 日曜・月曜定休

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中