イベント・行事

穴を掘ってどんど焼き 安全性高い下新田町方式 前橋東地区で新春の伝統行事

前橋東地区でも新春の伝統行事、どんど焼きが各町で開催されました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、昨年に続き、やぐらを立てなかったり、甘酒を振る舞わなかったりと、規模を縮小して行った自治会も多いようです。

1月15日に開かれた下新田町のどんど焼きに行ってきました。

2年ぶりの一般参加

下新田町のどんど焼きは八幡神社が会場。子どもからお年寄りまで幅広い世代の50人ほどが参加していました。

境内に重機で掘った穴の中に、だるまやお札が入れられ、午前8時ごろ点火されると、「ぱん、ぱん」と竹が割れる音が響くなか、赤い炎が立ち上がりました。

昨年はコロナの影響から、地元の人たちでつくる「親栄会」の関係者らのみで開催し、一般の来場は制限。今年は2年ぶりに一般住民が参加できたといいます。

炎を囲んで交流広がる

どんど焼きは無病息災や五穀豊穣を願う伝統行事ですが、行くと知り合いに会えて、新年の挨拶や会話ができるのもいいですね。

ただ、宅地開発が進み、田んぼが減少して適地が少なくなっています。

下新田町のように穴を掘ってやる方法は、運営する人たちの苦労は大きいですが、周辺に火の粉が飛びづらくなるため、安全性の面から考えてもいいのではないかと感じました。

今年は重機で掘り、人の手で土を戻すそうです。

以前は掘るのも人力だったというから大変ですね。

新型コロナの感染者数は群馬県内も急増しています。

来年こそは、収束していつものように開ければいいなと思います。(S)

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-イベント・行事

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5