自治会

自治会にタブレット配布 東、下川淵、大胡の3地区で実証実験 前橋市が新年度

アナログ的な取り組みが多い自治会活動のDX化を進めるため、前橋市は2022年度、実証実験として3地区の自治会にタブレット端末を配布します。

市は3月10日に開かれた市議会定例会で山田秀明議員の質問に答え、対象は東、下川淵、大胡の3地区と明らかにしました。

ITリテラシーに差、有効活用へサポート

モデル地区を選んだ理由について、市は「市民サービスセンターの人員態勢と、地区連合会の自治会数の規模などを考慮した」と説明しています。

自治会の活動は事務作業や広報紙の配布、会議など、アナログ的な〝業務〟が中心。地域の高齢化が進む中、負担も大きく、役員のなり手不足が顕在化しています。デジタル化を進めることで、負担軽減が期待されています。

一方で、自治会にタブレットを配布しても役員の多くは高齢者で、有効に活用できるのか懸念も。こうした指摘に、市は「基本的な操作方法や情報リテラシーなどの研修会の開催を予定している。市民サービスセンターや支所の地域振興課の職員が適宜サポートする」と答えました。

2023年度以降に全自治会に拡大

事業費として2022年度一般会計当初予算に310万万円が計上されました。

3自治会のほかに、前橋市自治会連合会の会長や副会長らにも配布します。

市は、2022年度を実証実験と位置づけており、結果を検証した上で、2023年度以降に市内全自治会に配布する方針です。「自治会事務の負担が軽減されるとともに、情報共有による交流が生まれ、自治会活動におけるICT化推進のきっかけになることを期待している」としています。

 

 

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-自治会

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5