かつて新前橋駅前に造り酒屋が 前橋学センター長 手島仁さんに聞く地域の歴史㊦

DSC_0142 (2)
かつて造り酒屋があった新前橋周辺。所在したのは写真左奥の育英メディカル専門学校付近とされる。

 前橋学センター長の手島仁さんへのインタビュー連載最終回は、前橋東地区の名物や有名人についてのお話です。

 昭和29(1954)年に前橋市と合併した後、「群馬郡東村誌」が発行されました。村長が寄稿した「まえがき」には、東村に名所や史跡は乏しいと書かれていました。当時の人たちが、自分たちの村をそう捉えていたことに、少し寂しい気がしたのですが。

 確かに名所は少ないかもしれませんが、どこの村にもそんなに名所はない。平均的な村の姿ですよね。  

 ただ、東村には名物がありました。お酒です。新前橋駅東側、今の育英メディカル専門学校の辺りに造り酒屋がありました。長野県から来た人が起こした造り酒屋で、「駒正宗」(製造者・町田傳次郎)という銘酒を造っていました。上毛新聞社が上越線全線開通を控えた昭和6(1931)年、「上毛十二名産」を公募しましたが、この酒は票を集め、表彰を受けます。 

 駅の近くに酒蔵があったのですね。知りませんでした。この地域から出た有名人はいるのでしょうか。

 文筆家の佐藤垢石(さとう・こうせき 1888~1956年)がいます。もともと報知新聞記者でしたが、退職後、文筆活動に専念し、「たぬき汁」を代表作とする随筆家として知られています。名文家で、上毛新聞にも寄稿しています。  

 一方で、釣り好きとしても有名でした。釣りばかりして、地元では少し変わった人と受け止められていたかもしれません。80代ぐらいの人に聞けば、佐藤垢石のことを覚えている人もいると思います。  

  上毛十二名産のことが気になったので調べてきました。順位をみると、1位は下仁田町の上州蒟蒻で26万1892票、2位は伊勢崎西瓜24万3702票、3位は原島屋本店(前橋市)のすまんじゅう20万9958票でした。日本酒では、4位に入った土田酒造店(沼田)の「誉国光」が19万6669票を獲得して最上位。6位は高井本店(藤岡)の「巌」18万3810票、東村の「駒正宗」は4万4958票で19位(日本酒3位)に入り、表彰を受けています。

  地域の歴史を知るのは、あらためて楽しいと思わせてくれる取材でした。手島さんに、またお話を聞きに行きたいと思います。  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中