上毛かるたに負けないぞ!? 地域の魅力、歴史を44枚に ご当地「あずまかるた」

前日の上毛かるたに続き、今日は前橋東地区の「あずまかるた」を紹介します。

あずまかるたは、自治会などで構成する東地区地域づくり協議会が、地域の文化や歴史を後世に伝えようとつくりました。2010年度にカルタ部会を発足し、一般、小中学生から読み札を募集したところ、2400句が寄せられました。絵札は東中と箱田中の美術部員が手がけ、44枚のかるたが完成。2011年3月に発行されました。

DSC_0973

地域の歴史や風土、魅力がギュッとつまっています。いくつか紹介します。

「伝え来し 古き山門 大徳寺」

「明治七年生まれの東小」

「歴史ある鏡神社に獅子が舞う」

「望みはグローバル 育英高校」

「地域医療支える拠点 済生会」

「群馬の情報発信源 上毛新聞」

かるた文化が浸透している群馬県。前橋市にも、あずまかるたのほか、下川淵かるた、芳賀かるたなど、ご当地かるたがあります。中でも合併前の旧富士見村で昭和31(1956)年につくられた「富士見かるた」は古い歴史を持ちます。

あずまかるたを普及しようと、今年も東地区の文化祭でかるた大会が開かます。読み札の裏面には解説文が書かれ、地域のことを知りたいという人がいるなら入門編として最適です。東公民館で1セット500円で販売しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中