人つなぐロータリー祭 雨一転、新前橋駅前に700人 

新前橋の魅力を発信する「新前橋ロータリー祭」が10月22日、新前橋駅東口で開かれました。直前まで降っていた雨も上がり、前回を上回る700人が来場して新前橋グルメを満喫。来場者一堂で乾杯し、ロータリー広場に笑い声があふれました。

自慢のメニューを販売する出店者

関係者の願いが届いたのか、30分前まで強く降っていた雨が徐々に弱くなり、昼過ぎには上がりました。ロータリー広場には家族連れや地域の人たちが続々と来場。焼き鳥やホルモン焼き、いか焼き、韓国のり巻きなどが飛ぶように売れ、オリーブオイルやパワーストーンの物販店にも多くの人が訪れました。

上毛新聞は県内で全編撮影された横山秀夫さん原作の映画「影踏み」の前売り券を特価で販売。同日執り行われた「即位正殿の儀」の号外を配布しました。

行列をつくる来場者
大にぎわいの会場に出店者も笑顔

初回を上回る人出

ロータリー祭は新前橋の魅力を発信し、店同士のつながりを強めようと、新前橋商工会が主催し、今年5月に第1回が行われました。直前まで雨が降っていたのにかかわらず、初回の500人を上回る人が訪れました。

その場で調理して熱々を提供

コミュニケーションを活発にする円形の広場

これまで2回開催し、イベントの特徴が見えてきました。それは来場者の滞在時間が長いこと、加えて、コミュニケーションが図りやすいことです。

会場では各店が自慢の料理を用意したほか、生ビール1杯300円、サワー200円と手頃な値段で提供。屋外にテーブルが置かれ、気持ちよく飲食することができます。噴水回りの縁に腰掛けて、団らんする家族連れの姿も目立ちました。

会場が持つ魅力も発揮されたロータリー祭

また、ロータリー広場が適度に狭く、円形をしているため、多くの人が周回し、顔を合わせるのでコミュニケーションを図りやすい。会場自体の良さも感じられました。

最大の魅力は地域密着の温かさ

そして、なんと言っても魅力は地域密着の手作り感。出店者と来場者の距離が近く、地域の納涼祭のような温かい雰囲気があり、子どもから大人まで幅広い世代が集いました。

笑顔で乾杯する来場者

イベントも終盤になった15時、新前橋商工会の福田俊昭会長の発声で全員で乾杯し、一体感に包まれました。イベントは来年春に第3回を予定。どんなイベントに成長していくのか今後が楽しみです。

関連記事はこちら。

明日の新前橋ロータリー祭へ準備万端 テントやテーブル用意、雨天でも決行

大好評の新前橋ロータリー祭再び 10月22日に地元の絶品グルメ&アイテム大集合

予想超える来場者 全店完売で「大成功」の新前橋ロータリー祭

新前橋ロータリー祭を5月4日に初開催!地元グルメ一堂に