イベント・行事

歩いてクイズに答えて記念品をゲット 12月16日まで前橋東地区でチャレンジウォーキング

チェックポイントのクイズに答えながら前橋市東地区を歩く「チャレンジウォーキングあずま2022」が12月16日まで行われています。

解答用紙を提出するとオリジナルトートバッグか、啓発用トイレットペーパーがもらえます。

詳しくは市のホームページをご参照ください。

詳しくはコチラ

前橋東地区在学者も対象に

好評を博した昨年に続いての開催となりました。

昨年との違いでは、北コースを延長して古市町の赤烏神社までチェックポイントに加えたほか、参加対象を地区の住民だけから、地区在学者も含めました。 また、昨年は抽選で記念品を渡していましたが、今回は解答用紙を提出すれば、全員にその場で記念品を渡すようにしました。

参加するには、まず東公民館(箱田町)地域包括支援センター東(川曲町)で地図と解答用紙を受け取ります。

北・南どちらかのコース内で2問以上答えて解答用紙を東公民館か地域包括支援センター東に提出すると記念品がもらえます。

チェックポイントは北コースが赤烏神社や大徳寺、旧東公民館など6か所、南コースは大利根緑地や福徳治など4か所設けられています。

景品が魅力的です。オリジナルトートバッグは青地に白抜きの文字で「AZUMA」とプリント。トイレットペーパーは防災や健康のことが学べるようになっています。参加者多数の場合は、記念品が選べなくなる可能性もあります。

東公民館によると、11月1日に始まり、同月28日現在約170人が解答用紙を提出しました。人気を集めており、参加者からは「20年東地区に住んでいるが、こんなにも色々なことがあるとは知らなかった。普段歩くときは、滝川沿いを行ったり来たりだが、歩く範囲が広がった」といった声が寄せられました。

楽しく歩いて地域の魅力に触れてみてはどうでしょうか。

 

 

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-イベント・行事

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5