歴史

天狗岩用水が「世界かんがい施設遺産」候補に 国内3施設申請 

利根川から取水し、前橋市などを流れる「天狗岩用水」が「世界かんがい遺産施設」の候補施設になりました。

前橋東小付近を流れる滝川(天狗岩用水)

農林水産省のホームページによると、国際かんがい排水委員会(ICID)の日本国内委員会が天狗岩用水とともに、「備前渠(びぜんきょ)用水路」(埼玉県本庄市、深谷市、熊谷市)と「常西合口用水」(富山市)の3施設をICID本部に候補申請することを決めました。

日本国内には現在39施設が登録されています。

世界かんがい遺産施設は、建設から100年以上が経過した、かんがいが主目的のダムや、ため池などの貯水施設、堰や水路などが対象。

歴史的価値の高い施設の保存を目的に、ICIDが認定・登録しています。

天狗岩用水は、江戸時代に総社藩主・秋元長朝公により造られました。

利根川の坂東大堰取入合口(渋川市)から取水し、その後、八幡川と合流後は滝川と呼ばれ、前橋東地区を流れています。

市のホームページによると、審査結果は今年12月にモロッコでの開催が検討されている第71回ICID国際執行理事会で発表される予定。登録が決まれば、天狗岩用水に注目が集まりそうです。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-歴史

© 2022 あずまある Powered by AFFINGER5