ビジネス

新前橋のろうきんビル解体始まる 前橋支店は飲食店跡に仮移転

JR 新前橋駅東口にある中央労働金庫群馬県本部ビル(前橋市古市町)の建て替え工事が行われています。

工事に先立ち、ビル内にあった前橋支店は昨年7月、500メートルほど南に位置する飲食店の店舗跡に仮移転しました。

移転した前橋支店は、かつてステーキ・ハンバーグの「けん」などが入っていた建物に入居。「まさかこんなことろに金融機関?」と思えるようなユニークな場所にあります。

中央労働金庫は「ろうきん」の名称で知られ、ホームページによると、群馬県内に13支店・2出張所があります。

 

中央労働金庫前橋支店(仮移転後) 前橋市古市町233-1

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-ビジネス

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5