暮らし

新前橋でも電動シェアサイクル始まる スマホ決済、4月1日スタート

前橋市が4月1日、電動シェアサイクル事業「cogbe(コグベ)」を始めました。

市内約30sカ所に自転車置き場(ポート)を設置、新前橋駅にも開設されました。

24時間利用できて、スマホで決済する仕組み。電動なので、ちょっと遠出もできそうですね。

市は新前橋駅前のほか、前橋駅前や敷島公園、総社駅前など広範囲にポートを設けました。

借りた場所にかかわらず、どのポートにも返却できます。

新前橋駅の東口に行ってみると、交番近くに自転車が置いておりました

近くには利用方法を書いた案内がたっていました。

案内によると、自転車を借りる手順を次の通りです。

1.会員登録する
二次元バーコードを読み取り、専用アプルをインストール。アプリのガイダンスに従い、会員登録します。

2.借りる
アプリを起動し、「借りる」ボタンをタップ。自転車の2次元バーコードを読み取り。

3.返す
自転車をロックし、アプリの「返す」ボタンをタッチし、利用終了。

料金(クレジット決済)は、1時間まで15分25円、1時間以降は15分50円となります

詳しくはホームページをご覧ください。

広報まえばし4月号によると、使われている自転車は太陽誘電が100台、まちづくり公社が28台を寄付。新前橋駅の自転車にも「寄贈 太陽誘電株式会社」のステッカーが貼られていました。

無料の高チャリのように普及するか

お隣の高崎市では中心市街地で利用できる「高チャリ」は電動ではありませんが、現金100円で利用できて、自転車を返却後お金は戻ってきます。

前橋の「コグベ」は電動自転車を採用、スマホ決済で有料です。この点でやや前橋の方が利用する際のハードルが高い。

それぞれ仕組みは違い、前橋は観光利用を重視しているようです。

定着している高チャリのように、コグベも広く利用されるといいですね。

 

 

 

-暮らし

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5