行政

広報まえばし4月から月1に リニューアル第一弾発行

前年度まで月2回の発行だった「広報まえばし」が4月から月1回になりました。

リニュアール後の広報紙が4月1日発行され、市のホームページからダウンロードできます。

月1回にした理由として、市は配布する人の負担軽減や経費節減などを挙げています。

シンプルに分かりやすさ重視

前橋の「M」のロゴが目立った表紙は刷新後、大きく「広報まえばし」と表記。これまではデザイン性重視の印象でしたが、よりシンプルに、全世代に分かりやすく伝えることに重きを置いているようです。

また、巻頭の方に目次を付けて記事が探しやすくなっています。これは分かりやすいと思いました。

後半のお知らせ情報には、「子育て世代」「シニア世代」とカテゴリーを設け、それぞれの世代ごとに記事をまとめています。

ページ数は月2から月1になったことで増加しました。3月15日号は表紙と裏表紙含めて16ページだったのが、4月号は28ページになっています。

高齢者らにタイムリーな情報発信課題

個人的にも経験していますが、確かに月2回広報を配るのは割と大変でした。

財政的な負担も月1回にすれば削減できます。

ただ、月1回にすることで、タイムリーさは後退します。

SNSなどデジタル発信を強化するとしていますが、紙媒体を情報収集の中心とする高齢者らに対し、新型コロナや災害対応などのように迅速に情報伝達する必要がある時、どう素早く情報を伝えるのか課題といえそうです。

また、市のホームページでは昭和25年4月の広報紙創刊号から、バックナンバーを全て閲覧できます。創刊号では前橋競輪が開始されることが紹介されており、地域の歴史を知るいい資料になっています。

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-行政

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5