イベント・行事

ロータリー祭大成功!新前橋駅開業100周年祝い駅前に活気

心配された天気にも恵まれて、汗ばむほどの陽気のなか、新前橋駅開業100周年イベント「新前橋ロータリー祭」が7月3日、駅東口で開かれ、大勢の人でにぎわいました。

新型コロナウイルスの影響で昨年はイベントが開かれておらず、久しぶりに新前橋駅前が活気づきました。

にぎわう新前橋駅東口

早朝から鉄道ファンが長蛇の列

早朝から駅周辺の飲食店や商店の人たちがテントを張ったり、キッチンカーを用意したりして準備。

JR東日本高崎支社の「メモリアルフェス」が同日実施され、鉄道の部品販売会などを目当てに、多くの鉄道ファンが長蛇の列をつくりました。

会場を広げて密回避

ロータリー祭は地元の新前橋商工会が主催し、2019年5月に第1回、その年の10月に第2回が開かれました。

過去2回は駅前ロータリーの噴水広場のみで行いましたが、今回は噴水広場に加え、線路沿いの駐車場一部を含め、会場を拡充しました。

初参加の店の前にも列

シンバルや串もん、高橋与商店、BENTO261、ルコアンバール、ねぎぼうずなど、新前橋の馴染みのお店が出店したほか、最近オープンしたグルメハンバーガー店「THE ROTARY」や靴磨き専門店「クツビガク」、西口で営業する「前橋やきそば横丁みやび」などロータリー祭初参加の店も。昼時を中心に多くの店の前に列ができました。

駅構内では、ちょうど100年前に上越南線・新前橋ー渋川駅間が開業した日の上毛新聞(大正10年7月1日)の拡大コピーが展示されました。

当時、大特集をしており、上越南線の開業が大きな社会的ニュースだったことが伝わってきます。

今回は、JR東日本の「メモリアルフェス」と同時開催したこともあり、小さな子どもから年配者まで多くの人でにぎわいました。

開放的な空の下、飲食を楽しむ来場者の笑顔にあふれ、会場はとてもいい雰囲気。

100歳を迎えた新前橋駅、そして駅前は、とても素敵な場所だとあらためて感じた一日でした。

約1年9か月ぶりに開かれたロータリー祭は大成功といっていいのではないでしょうか。

 

 

 

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-イベント・行事

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5