イベント・行事

シェアサイクル「cogbeに乗って」 前橋市が新前橋ロータリー祭で利用登録会

新前橋開業100周年イベント「新前橋ロータリー祭」に合わせて、前橋市が展開するシェアサイクル「cogbe(コグベ)」の利用登録会が7月3日、駅東口で行われました。

合わせて、「天狗岩用水」など総社・元総社エリアをcogbeで巡る「総社・元総社歴史の道めぐり」(全長11.3キロ)も行われ、参加者は電動アシスト自転車cogbeでサイクリングを楽しみました。

自転車の台数を拡充、職員が登録サポート

普段、新前橋駅前のポートにあるcogbeの数は5台程度ですが、この日は12台を追加。

天候にも恵まれ、ロータリー祭は多くの人出があり、東口の交番近くで行われた利用登録会にも参加する人の姿がみられました。

cogbeに乗るには、スマホにアプリをダウンロードしたり、自転車のQRコードを読み込んだりする必要があるため、来場者は市職員から手続きの方法を教えてもらいながら登録していました。

7月1日から本格運用、ポイント制導入

cogbeは新たな市民の足として、前橋市が4月から実証実験を行い、7月1日から本格運用が始まりました。

ポート数は、1日から新たに「ホテルサンダーソン」(石倉町)と「JINS PARK」(川原町)、「前橋自動車教習所」(関根町)の計3カ所が加わり、計33カ所になりました。

ポイント制も導入を導入され、1回の利用につき1ポイントが付与され、10ポイントたまると自動的に最初の15分(25円)が無料となります。

6月30日の定例会見で発表しました。cogbeに関する発表は動画32分すぎになります。

会見によると、5月27日現在cogbeの登録者数1913人。

平日は朝夕に通勤目的とみられる利用が多く、休日は観光目的の利用が目立つといいます。

電動シェアサイクルcogbeで健康的に市内を巡ってみてはどうでしょうか。

 

 

おすすめ記事

1

JR新前橋駅東口に、立体駐車場や店舗などが入る複合施設ができそうです。 前橋市などでつくる検討協議会が、市有地や鉄道用地の有効活用を目的に再開発事業者の募集を始めました。 立体駐車場や駐輪場を必須にし ...

2

最近のトマトって、美味しいですね。生産者の努力のたまものですが、ここまできたかというトマトに出会いました。 三光ファーム(高崎市大沢町)の高糖度トマト。キャッチフレーズは「食べる宝石」。 糖度10以上 ...

3

しばらく空き店舗になっていて寂しい感じがしたJR新前橋駅東口1階に、念願のハンバーガー店がオープンしました。 その名も「The Rotary(ザ・ロータリー)」。駅前を意識した名前がいいですね。 4月 ...

-イベント・行事

© 2021 あずまある Powered by AFFINGER5