暮らし

朝日が丘こども園の工事始まる 前橋市朝日が丘町の幼稚園跡地に

2019年春に閉園した前橋市朝日が丘町の「朝日が丘幼稚園」跡地に、「朝日が丘こども園」ができるようです。

既に工事が始まっていて、何ができるのか気になっていたところ、ホームページで、こども園の2022年4月開園を周知しておりました。

大利根育英幼稚園の分園

場所は県道前橋長瀞線沿い。「だんごの美好前橋上新田町店」や「堀口肉店前橋店」の道路を挟んで反対側になります。

看板によると、大利根育英幼稚園(前橋市川曲町)の分園との位置づけで、現在は地盤の工事が進められています。

50年以上の歴史に幕を下ろした朝日が丘保育園が、こども園として戻ってくる格好。

運営は大利根育英幼稚園を営む中村学園になります。

親の就労にかかわらず利用可能なこども園

そもそも、こども園は何かというと、内閣府のホームページには次のように説明されています。

認定こども園とは、教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。保護者が働いている・いないにかかわらず利用可能

朝日が丘こども園ができる前橋東地区は宅地開発が依然として盛んで、子育て世代も増えそうです。

こども園が増えれば、若い世帯が暮らしやい地域につながりそうですね。

おすすめ記事

1

群馬県、特に前橋は明治時代から昭和時代にかけて多くの文人・作家を輩出しています。萩原朔太郎や山村暮鳥、伊東信吉、萩原恭次郎など、詩人が特に多く見受けられます。ここ、東地区からも全国的に名を馳せた文人が ...

2

新前橋駅東口に2023年1月、屋外でウイスキーを楽しめるカジュアルウイスキーバー「SHINMAE-BASE」がオープンしました。店舗はビルとビルの間の土地に構えたトレーラーハウス。夜空の下で自慢のハイ ...

3

前橋大利根小学校の北側に、昭和の雰囲気を残す大利根ショッピングセンターがあります。かつては様々な店舗が軒を連ねていましたが、時代の流れとともに周辺地域の大型商業施設の進出やライフスタイルの変化を受けて ...

-暮らし

© 2023 あずまある Powered by AFFINGER5