新たな憩いの場 東ふれあい公園・芝生広場が8月1日から開放 

 今年4月に一部開所した東ふれあい公園(前橋市小相木町、箱田町)の芝生広場が8月1日から、利用できる。これまでは遊具の利用に限られていた。芝生広場の開放より、一層多くの人が訪れる憩いの場になりそうだ。

 東ふれあい公園は、東公民館の北側に隣接し、周辺には新興住宅が並ぶ。約1ヘクタールの敷地には、滑り台など幼児用遊具のほか、休憩所やトイレ、水飲み場、遊歩道が整備された。南側には、バスケットボールやフットサルなどを楽しる舗装スペースもある。

DSC_0102

ただ、大部分を占める芝生広場は養生のため立ち入りできなかった。それでも休日を中心に家族連れでにぎわっており、開放後は、さらに多くの人の利用が見込まれ、地元の人気スポットになりそう。広場の一角にはぶら下がり器具「ハングバー」など、健康づくりに役立つ器具も設置されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中