かわいい赤ちゃんの寝相アート 9月3日に前橋東公民館 秋にはギネス挑戦

寝相アート×前橋市(東公民館)
東地区のモチーフは地域の伝統行事「えだのししまい」。

タオルやシーツなど、身近なもので背景をつくり、赤ちゃんを寝かせて写真に収める寝相アート。子育て中の癒しの一つとして、ママたちに人気です。この分野のパイオニアで、県内を拠点に活動する寝相アート作家、みやざわりょうこさんによる撮影会が9月3日午前10時から、前橋市の東公民館で開かれます。

前橋市の「市民提案型パートナーシップ採択事業」で、「寝相アートでつなぐ地域と企業の輪 ~寝相アートギネスプロジェクト」と題して開催。5月から10月にかけ、市内30カ所で撮影会を開いた後、11月18日に、けやきウオーク前橋で赤ちゃん100人による巨大寝相アートに挑戦し、ギネス登録を目指します。

寝相アート®みやざわりょうこ-1
寝相アートの魅力を発信するみやざわりょうこさん

みやざわさんは、長女の出産を機に、寝相アートを始めました。現在では、住宅展示場や公民館などで講師を務めたり、寝具やタオルメーカーの商品開発に携わったりしています。

今回のプロジェクトでは、地域性に富んだテーマを取り上げます。東公民館では江田町の伝統行事の獅子舞、大胡公民館は風車、南橘公民館は桃の木川といった具合。各回定員は10人で、人気があるため早めに申し込んだ方が良さそうです。

みやざわさんは「ママ同士の交流、情報共有の場になってほしい。地域のシンボルを取り上げるので、地域とのつながりを持つ機会になればうれしいです」と話しています。

問い合わせは東公民館(☎027-251-2598)へ。

詳しくはみやざわさんのHP(寝相アート.com/maebashi/)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中